| カテゴリ活性酸素とは・・・

◆老化とはの全文を読む

人間の遺伝子には、

最低90歳〜120歳まで生きられるようにプログラムされています。

それもなんとか生きているというレベルではなく、

元気に病気もせず生きていけるということです。

そしてある日、遺伝子に組み込まれた時間が過ぎると

「輝き続けた電球がぱっと消えるように」天寿を全うします。


しかし、多くの人は40歳前後から老化が始まり、

60歳前後で病気が発病し、徐々に弱りながら死を迎えます。

これは年をとるにつれ体の細胞が酸化され、

錆びてボロボロになってしまうからです。


posted by 白金ナノコロイド(プラチナナノコロイド)博士 at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活性酸素とは・・・
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19042226
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。