| カテゴリ活性酸素とは・・・

◆酸化とはの全文を読む

物が酸素と結びつく働きを「酸化」といいます。

○ 例えば、鉄が時間とともに錆びていきます。

これは鉄が空気中の酸素によって酸化されたためです。

りんごを切ってしばらくたつと、切り口が茶色に変化してきます。

これも、りんごの成分が空気中の酸素によって酸化された結果です。


このように酸素に触れたものは必ず酸化していきます。

人間の体は約60兆個の細胞から作られています。

そして一つ一つの細胞が血液から酸素と栄養分を受け取り、

酸素で栄養分を燃やして(酸化させて)エネルギーを得ています。

人間はエネルギー発生の過程で酸素を必要としますので、

その際に使われる酸素に触れたものが(細胞膜、DNAなど)が酸化します。

細胞が酸化してしまうと、その機能を果せなくなり、

様々な病気につながってきます。


posted by 白金ナノコロイド(プラチナナノコロイド)博士 at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活性酸素とは・・・
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19042182
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。